<辺野古移設>沖縄知事「同じ内閣の中、審査請求は不当」

沖縄防衛局は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設を巡る埋め立て承認取り消しに関し、行政不服審査法に基づき石井啓一国土交通相に審査請求した。

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は14日、「取り消しの翌日に審査請求を行うことは、政府の強硬姿勢を端的に示すもので誠に残念。『辺野古が唯一』という政府の方針が明確にされている中、同じ内閣の一員である国交相に審査請求を行うことは不当で、行政不服審査法の運用上あしき前例になる」とのコメントを発表した。コメントではさらに「県民、国民に県の考え方を引き続き訴えていく。今後も辺野古に新基地は造らせないという公約の実現に向け全力で取り組む」としている。




http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20151014k0000e010262000c.html