環境相、中間貯蔵施設で協力要請 / 福島訪問

丸川珠代環境相は13日、福島県を訪れ、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物の中間貯蔵施設を建設予定の大熊町と双葉町の町長と個別に会談した。建設予定地の地権者との土地取引交渉が難航し、本格稼働のめどが立たないことについて丸川氏は大熊町の渡辺利綱町長との会談で「(交渉が進むよう)丁寧かつスピーディーにがんばりたい」と述べた。

丸川氏が福島県の市町村長と会談するのは環境相就任後初めて。

渡辺町長は「国のリーダーシップをお願いしたい」と要望。双葉町の伊沢史朗町長は「現場主義でお願いしたい。現地視察して、復興が進んでいない現状を見てほしい」と求めた。




http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=551623&nwVt=npd