北京の大気汚染、最悪レベル 汚染指数「危険」

中国の北京市周辺は5~6日にかけて深刻な大気汚染に見舞われ、在中国米大使館のウェブサイトによると、微小粒子状物質「PM2・5」を含む汚染指数は一時最悪レベルの「危険」(301~500)となった。

市内には白いもやが立ち込め、高層ビルはかすんで見えた。マスク姿の通行人も目立った。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2015100601001730.php