札幌の飲食店経営者ら3人逮捕 朝鮮総連関連会社、詐欺容疑

北海道警は6日、国の雇用助成金をだまし取ったとして、詐欺容疑で札幌市の飲食店運営会社の経営者ら3人を逮捕した。道警はこの会社は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と関連があるとみており、9月に詐欺容疑の関係先として、札幌市の朝鮮総連北海道本部などを家宅捜索した。

朝鮮総連北海道本部と同じ建物に登記されていたコンサルティング会社の元代表の男についても、道警は詐欺容疑で逮捕状を取っており、6日午後に逮捕する方針。

逮捕容疑は共謀し、飲食店運営会社が新規創業して失業者らを雇用したように装い、中小企業を対象とした雇用助成金数百万円をだまし取った疑い。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2015100601001437.php