働き盛り世代を襲うがん 痛みや異常、放置せず受診を

女優の川島なお美さんやフリーアナウンサーの黒木奈々さんら働き盛りの世代の著名人が相次いでがんで命を落としている。今や「2人に1人ががんになる」とされ、外来治療を受けながら働き続ける人もいる。専門家は「早期発見で治るがんもある。自覚症状がある場合は、すぐに受診を」と呼び掛けている。

■みつけにくい胆管がん

9月24日に54歳で亡くなった川島なお美さんの命を奪った胆管がんは、検診などでみつけにくく、有効な治療薬も少ないなど治癒が難しいとされるがんの一つだ。今年亡くなった任天堂の岩田聡社長や柔道五輪金メダリストの斉藤仁さんも胆管がんだった。いずれも働き盛りの50代の死で衝撃が大きかったが、一般的には70代が多く、がん患者全体では2~3%。治療は手術が第一選択となる。

自覚症状としては、みぞおちから右上腹部の鈍痛、食欲不振、体重減少、発熱などがみられる。また、胆管が詰まると黄疸(おうだん)の症状が出る。皮膚や白目が黄色くなり、尿が茶色、便が白くなるほか、全身にかゆみが出る。こうした症状がある場合は、先延ばしにせず、すみやかに医療機関を受診する。

■胃がんはピロリ菌

9月19日に32歳の若さで亡くなったフリーアナウンサー、黒木奈々さんは胃がんだった。

胃がんはかつて、塩分やストレスが原因とされてきたが、今ではピロリ菌による感染が重要な危険因子とされる。北海道大学大学院がん予防内科学講座の浅香正博特任教授は「40代までの感染者の場合、除菌によって胃がんの発生を90%以上抑制できると考えられている」と説明。若い世代こそ検査を受け、感染が判明したらすみやかに除菌するよう勧める。

除菌治療は平成25年2月から保険適用となった。除菌治療に手術や入院は必要なく、胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質を7日間、朝夕食後に服用する。

■増加傾向の大腸がん

5月に54歳で亡くなった俳優の今井雅之さんは大腸がんだった。体調に異変を感じたのは昨年8~9月で、11月に病院で検査を受けたところ、他の臓器への転移がみられる「ステージIV」の大腸がんと診断されたという。ステージIVの場合、5年生存率は3割程度とされる。

大腸がんは、大腸の内側の表面にある粘膜に発生するがんで、食の欧米化などにより近年増加傾向にある。大腸がんになると、便に血が混じっていたり便秘になったりするほか腹痛などの症状が表れるが、初期にはほとんど自覚症状が出ない。ただ、便の中に混ざっている血液を検出する「便潜血検査」は早期発見に有効だ。がん研有明病院消化器センター大腸外科部長の上野雅資医師は「大腸がんは診断も簡単で比較的治りやすい。早期発見のためにも40歳以上の人は定期的に検査を受けてほしい」と話す。

■早期なら内視鏡手術も

9月23日に乳がんであることを公表したタレントの北斗晶さん(48)は、毎年秋頃に乳がん検査を受けており、昨年の検査では異常は見つからなかった。今年に入り、右の乳房にチクッとする痛みがあるなど異変に気付いたが、検査を受けている安心感もあり、すぐに受診することはなかったという。聖路加国際病院ブレストセンター長の山内英子医師は「中間期がんといって、検診と検診の間に見つかるがんもあります。検診を受けていても、異変に気づいたらすぐに受診を」と呼び掛ける。

上野医師は「日本人に多い、胃がんや乳がん、大腸がんなどは比較的治りやすい」と指摘。早期に発見できれば、外科手術をしなくても内視鏡手術で済むこともあるといい、「若い人は忙しく、痛みや異常を感じても病院に行かずに悪化させてしまいがち。自分や家族のためにもがん検診をしっかりと受けてほしい」と話している。

■乳がん検診、半数が未受診

乳がん検診を一度も受けたことがない女性が半数近いことが、メットライフ生命保険の調査で分かった。調査は8月、20~59歳の女性400人を対象に実施した。

最後に乳がん検診を受けたのはいつか尋ねたところ、「一度も受けたことがない」が47.8%。「1年以内」が21.5%だった。一方、乳がん検診を受ける必要があると考えている人は、84%に上った。乳がん検診を一度も受けたことがない人と1年以上受けていない人に、毎年検診を受けない理由を尋ねたところ(複数回答)、「お金がかかるので」(40.1%)が最も多く、「時間がない」(32.5%)が続いた。




http://www.sankei.com/life/news/151006/lif1510060011-n1.html