マイナンバー通知カード きょうから発送

国民一人一人に番号を割り当てるマイナンバー法が五日施行され、十二桁の個人番号が確定し、市区町村から各世帯へ「通知カード」の発送作業が始まる。簡易書留で各世帯に送られる。対象が約五千五百万世帯に上るため、届き始めるのは十月中旬ごろからになる。政府は十一月末までの配達完了を目指している。番号が速やかに行き渡るかが、制度の浸透に向けた試金石になりそうだ。

個人番号は五日時点の住民票に基づき確定し、通知カードは住民票上の住所に配達される。仕事などで受け取れない場合は、郵便局が一週間保管するので、再配達の手続きが可能だ。

期間が過ぎても、住民票のある市区町村が最低三カ月間は保存する。受け渡し方法などは市区町村により異なるので問い合わせが必要となる。個人番号は来年一月から、税と社会保障、災害関連の行政の効率化に使われる。就職先や行政窓口で提出を求められるため、確実に受け取り保管することが大切だ。

通知カードは個人番号を伝えることが主な目的で、いわば仮のカードとなる。希望者が市区町村に申請すれば、来年一月以降、顔写真付きで身分証明として使える「個人番号カード」が無料交付される。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201510/CK2015100502000115.html