伊方原発3号機:地元町議会特別委が再稼働求める陳情採択

四国電力伊方原発3号機が立地する愛媛県伊方町議会の原子力発電対策特別委員会は2日、再稼働を求める陳情を全会一致で採択した。6日の本会議に諮られるが、同特別委は全16議員のうち、オブザーバー参加の正副議長を除く14人で構成(2日は1人欠席)されているため、実質的に議会としての「地元同意」が示された形になる。「地元」を代表する伊方町長と同町議会、県知事と県議会のうち、伊方3号機の再稼働を巡り「同意」を示したのは同町議会特別委が初めて。




http://mainichi.jp/select/news/20151002k0000e040277000c.html