中秋の名月、航路照らす 今治・唐子浜

秋空に恵まれた中秋の27日、愛媛県今治市古国分1丁目の唐子浜では、ほの明るさが残る中、赤灯台の上に円い月が昇り海面を照らした。

赤灯台は海上交通の要衝・来島海峡で活躍後、1978年に白砂青松の海岸の沖合に移築保存され、第二の人生を送っている。十五夜となった27日は、名月や往来する船とのコラボレーションを収めようと、多くのカメラ愛好家が熱心にシャッターを切っていた。




http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150928/news20150928535.html