金正恩、肥大化130キロ“太り過ぎ”韓国政府が指摘

韓国紙の朝鮮日報は26日、北朝鮮の金正恩第1書記の体重について、韓国政府が現在、推定約130キロと分析していると報じた。過去5年間で約30キロ増えたとみている。ストレスによる暴飲暴食が原因としており、肥満の進行は循環器系の病気にもつながることから、体形の変化に注目しているという。

韓国政府が、金第1書記の“太り過ぎ”を指摘した。

朝鮮日報の電子版などによると、公の場に出席した際の体形や足取りなどから総合的に判断し、現在の体重を約130キロと推定。北朝鮮メディアに初登場した2010年9月と比較すると、5年間で約30キロ増量したと分析した。金第1書記の身長は170~175センチとされている。「人民服が張り裂けそう」とも報じられていた。

金第1書記は1990年代にスイスの学校に通っていたが、その当時に撮影された姿に比べ、政府要職に就いた時点でもかなり太っていた。このため、祖父の金日成主席を意識し、似た体形にしようとしているとの観測が出たこともあった。

ただ、朝鮮日報は13年12月に、叔父で北朝鮮のナンバー2ともいわれていた張成沢・元国防副委員長を処刑した後に、金第1書記の体形が急速に肥大化したと指摘。後見人でもあった張氏の死刑を執行したことでストレスを感じ、暴飲暴食をしたために体重が激増したとみられるとの消息筋の話を伝えた。

金第1書記は昨秋、約40日にわたって表舞台から姿を消した。韓国の情報機関・国家情報院は、肥満などが原因で左足首のくるぶし付近の神経が締め付けられ、痛みを感じる「足根管症候群」と診断され、手術を受けたとしていた。つえを使って足を引きずりながら歩く映像も公開された。

また、同時期に英紙・デイリー・メールは中国の消息筋の話として、金第1書記が、北京で体重増加を防ぐための胃の縮小手術を受けたと報道。同紙は肥満の理由について、チーズの食べ過ぎを挙げていた。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00000242-sph-soci