入居者暴行で運営会社検査へ=厚労省

大阪府豊中市の老人ホーム「アミーユ豊中穂積」で入居者が職員に暴行された事案を受け、厚生労働省は15日、施設の運営会社「メッセージ」(岡山市)を今月中に立ち入り検査すると発表した。

同省によると、同社の系列施設は全国に少なくとも307あり、入居者3人が転落死した川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」も含まれる。同省が、系列施設で虐待がないか確認するよう所管自治体に事務連絡を出したところ、横浜市の「Sアミーユ横浜神大寺」で過去に入居者への虐待が疑われる事案があったという。

豊中市は14日、アミーユ豊中穂積を6カ月間の新規入居者受け入れ停止の処分にした。同省は立ち入り検査で職員の配置状況などを聴取し、不備があれば是正勧告を出す。




http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-150915X593.html