名護市長、知事判断を支持「精いっぱい支える」

稲嶺進名護市長は14日、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に必要な埋め立て承認を翁長雄志知事が取り消すと表明したことについて「やっとそこまで来たかという感じだ。断固とした信念で県民の思いに応えてほしい。私たちはそれを精いっぱい支える」と述べ、知事の判断を支持する考えを強調した。記者団の質問に答えた。

政府が海上作業を継続する方針を示していることについては「県を代表する知事の決定を無視するのが本当に法治国家と言えるのか。日本という国が外国からも信頼を失う結果になると思う」と批判した。

市長を支持する与党市議14人も同席した。




http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-248887-storytopic-271.html