小渕氏元秘書、不正認める 政治資金規正法違反事件

小渕優子前経済産業相の関連政治団体をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記入)の罪に問われた元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎被告(67)と、資金管理団体「未来産業研究会」の元会計責任者加辺守喜被告(62)は14日、東京地裁(園原敏彦裁判長)の初公判でいずれも「間違いありません」と起訴内容を認めた。

起訴状などによると、東京・明治座で開いた観劇会で支援者から受け取った参加費を操作するなどし、未来研を含む4団体で2009~13年分の政治資金収支報告書に虚偽の内容を記入したとしている。




http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=132858