大阪・豊中の老人ホームで虐待 転落死施設と同グループ

大阪府豊中市は14日、介護付き有料老人ホーム「アミーユ豊中穂積」で、30代の男性職員が、入所している70代女性の首を絞めるなどの虐待をし、負傷させたと発表した。同施設は、高齢の入所者3人が転落し、死亡した川崎市幸区の施設と同じ企業グループの運営。

豊中市などによると、職員は傷害容疑で現行犯逮捕された。市は施設を、10月1日から6カ月間の新規入居者の受け入れを停止する処分にした。女性は頭部などに3週間のけが。

6月18日午前0時ごろ、職員は夜勤中に70代女性に対し、居室内で頭部を複数回平手打ちしたり、首を絞めたりするなどの虐待をした。




http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015091401001600.html