市図書館がずさん選書…追加購入の1万冊は中古

佐賀県武雄市教委は11日、2013年4月の市図書館の新装開館に向けて追加購入した蔵書約1万冊が全て中古本だったと明らかにした。

市の委託を受けて選書した「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」(CCC、東京)は、そのうち1630冊が一度も借りられていない状態だとし、選書にずさんな面があったことを認めたうえで、別の1630冊を市に寄贈する意向を示している。

市教委などによると、1万冊の中には2001年版の埼玉県のグルメ本や03年版の税理士試験の対策本など、10年以上前の実用書や試験対策本が多数含まれていた。

市教委は当初、1万冊の購入に2056万円を充てる予定だったが、改装に伴う安全対策費が必要となり、市の判断で購入費を756万円まで圧縮した。CCCが関連会社などから購入し、市側も1冊ずつ内容を確認していた。




http://www.yomiuri.co.jp/national/20150911-OYT1T50157.html?from=ytop_main9