中国人観光客が日本中部の旅行業を刺激 パーソナライズ旅行が人気

中国から日本へ旅行に出かける多くの観光客は団体旅行に満足しておらず、だんだんと「東京―大阪」というお決まりの訪日ルートから離れ広い範囲の県や市に向かい始め、訪日のパーソナライズ旅行熱が上がってきている。在日華字紙の中文導報が伝えた。

中国人旅行客はディープな日本観光や観光の質についてのニーズが高まってきており、自分のペースで日程を組み、観光のペースを調節しようとする旅行者がだんだん増え、。日本を訪れる中国人は団体旅行からフリースタイルへと推移し始め、中心都市から地方観光スポットへと拡散してきている。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の計算によると、今年、日本の中部地方5県(愛知、岐阜、三重、静岡、福井)の外国人旅行客は285万人に達し、前年に比べ44%増加した。主な理由はパーソナライズ旅行がますます一般化したことだ。円安という背景のもとで日本に旅行に出かける中国人観光客は増加の一途を辿り、中国の各空港と国内の空港を結ぶ便が相次いで就航し、押せ押せムードだ。

日本の観光庁の統計によると、今年上半期の静岡県に宿泊する外国人は87万5千人にのぼり、中国大陸部の旅客が66%、台湾地区の旅客が11%を占め、大陸部の旅客は昨年同期比4.7倍となっている。

今年7月末までで、静岡空港で就航した国際線は13路線にまで増加し、毎週47便が運航している。2014年の3路線、週13便に比べて大幅に増加し、空港ラウンジはいつも中国人観光客で溢れかえっている。

上海から来た女性の魏さん一家は9月の初めに再び日本を訪れ、魏さんとってはこれで3回目の訪日になり、彼女の娘は初めての訪日だ。魏さんは「毎回、日本の違う場所に行きたい。静岡県のちびまる子ちゃん博物館、浜名湖、三保の松原を見て、もう一度岐阜県の飛騨高山にある白川郷にいきたい」と話す。

飛騨高山市と世界遺産の白川郷地域は中国人観光客が大幅に増加し、岐阜県全体の宿泊客数を引き上げた。2014年の岐阜県の外国人宿泊客の合計人数は66万人を超え、前年比60%近く上昇し、記録を塗り替えた。中でも中国大陸部から来た人は5万5420人で、前年比84.6%増加した。

福井県が発表した統計によると、2015年1月―5月、同県に宿泊した外国人観光客は前年比で8割以上増加し、2万5千人近くに達し、昨年と比べると88.6%増加したという。中国人観光客の勢いを増しているのは明らかだ。福井県観光当局によると、中国人観光客の宿泊者数は6千人余りまで増加し、前年同期比の3倍以上となった。このように、福井県は2015年度に免税店を20軒増やし、9割近くの観光地に無料のWi-Fiを完備、宿泊施設もこの割合を7割以上に引き上げる予定だ。




http://j.people.com.cn/n/2015/0909/c94473-8947550.html