ボン・ジョヴィ中国初公演が中止 チベット絡みが原因か

中国で今月予定されていた米ロックバンド「ボン・ジョヴィ」の初公演が直前になってキャンセルされた。主催者側が9日に発表した。これまでのコンサートでチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世のイメージを使った動画を使用したことが原因との見方が出ている。

公演は14日に上海、17日に北京で行われる予定だった。主催者側はファンらに謝罪を表明したが、理由は「都合により」としか示していない。

今月1日はチベット自治区成立から50年で、習近平指導部は記念式典などで「ダライ集団と国際的な敵対勢力の分裂活動を打ち負かした」などと繰り返し強調し、ダライ・ラマに対する敵意をむき出しにしている。

中国では2009年に英ロックバンドのオアシスの公演が当局の指示で中止されるなど、チベット問題に絡めた規制が頻繁に行われている。




http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150909/mcb1509091550033-n1.htm