軍事パレードで3800億円損失 工場操業停止や飲食店強制休業

北京で三日に行われた「抗日戦争勝利七十年」記念の軍事パレードに伴い、工場の操業停止や飲食店の強制休業などで二百億元(約三千八百億円)強の損失が発生したと香港紙「リンゴ日報」が独自の試算で報じた。

試算によると、当日を青空にする「パレードブルー」実現のために周辺の千九百以上の工場を八月から二十日間停止させた損失は百九十二億元。会場の目抜き通り「長安街」沿いの飲食店などの営業が二日間禁止されたことによる損失は、約十億元としている。

一方、市民の「監視役」も兼ねたボランティア八十五万人の交通費などは十二億元に上ったという。

当局は軍事パレードの実施費用や損失について公表していない。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015090802000126.html