領土問題「解決済み」 ロシア次官、圧力狙いか

ロシアのモルグロフ外務次官は2日、北方領土問題について、第2次大戦でソ連が占領した70年前に「解決済みだ」と述べ、交渉の対象にならないとの見解を明らかにした。インタファクス通信に語った。

モルグロフ次官の発言には、プーチン大統領も出席して3日に北京で開催される「抗日戦争勝利70周年」の行事に合わせ、日本の領土要求に圧力をかける狙いがあるとみられる。

一方で、次官は、平和条約交渉については「建設的に継続する」用意があり、領土問題も「日ロ関係全般の持続的な発展」に伴い、相互に受け入れ可能な解決を探るべきだと発言。矛盾する立場を示した。




http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090201002000.html