とっくに賞味期限切れ…橋下新党は国民に“ポイ捨て”される

もはやとっくに「賞味期限切れ」だ。10月にも国政新党を設立する方針をブチ上げた「大阪維新の会」代表の橋下徹・大阪市長。得意の「劇場型政治」で世間の耳目を集めるつもりだろうが、そうは問屋が卸さない。

「東京と『切った張った』をやって本当に交渉できる政治グループを大阪につくりたい」

大阪・枚方市の街頭演説で、橋下氏はこう言い放ったが、多くの国民はクビをひねっているだろう。そりゃあそうだ。維新の党を離党した直後の会見では「僕と松井知事は国政政党からは離れ、大阪の地方政治の方にしっかり軸足を移す」と言っていた。

その舌の根も乾かぬうちに百八十度の方針転換だ。政治家の前に「人間」として信用できない。新党には「大阪系」議員ら十数人が参加するというが、世論の支持が得られる見込みはほとんどないだろう。何より「大義」がないからだ。政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏はこう言う。

「どっちみち維新分裂は既定路線でした。11月の党代表選で『民主か自民か』で割れるのは明白だったからです。ゴタゴタする前に屁理屈をつけて別れよう、と考えたのです。それに新党が政党助成金を得るタイミングは今しかない。しかし、国民から見れば正当性ゼロ。こんな調子では国民の支持は得にくいでしょう。橋下市長の求心力低下は必至ですよ」

不要な時にはポイ捨てされる方が民主主義にとっては健全――。5月の引退会見で、こう断言していた橋下氏。まさに「ポイ捨て」の時だ。




http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163256