竹島・尖閣専用サイト、政府開設…日本領裏付け

政府は28日、島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島が日本固有の領土であると裏付ける資料202点を掲載したサイトをホームページ(HP)上に新設した。

外務省のHPも竹島や尖閣の領有権に関する代表的な資料を掲載しているが、専用サイトの開設は初めて。

今回掲載された資料は、沖縄、島根両県の博物館などで保管されている文書や写真などで、尖閣諸島が103点、竹島が99点。1920年に当時の中華民国が尖閣を沖縄県の所属とみなしていたことを示す書簡や、島根県が25年に竹島の土地使用料を民間人から徴収するなど、日本の行政権が及んでいた証拠となる記録も含まれる。

今後は、資料に関する英語版の概要説明も作る予定。HPのアドレスは次の通り。http://www.cas.go.jp/jp/ryodo/




http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150828-OYT1T50093.html?from=ytop_ylist