環境省、31日に現地入りの意向 / 処分場調査で宮城県内3カ所

環境省は28日、東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の処分場建設に向け、31日午前に宮城県内の候補地3カ所の現地調査に訪れることを明らかにした。28日に2回にわたり現地調査を試みたが、住民の激しい抗議に遭い、着手を見合わせていた。

候補地の一つ加美町は、100人以上の住民と共に猪股洋文町長自ら反対運動に加わり、環境省職員に「帰ってください」と詰め寄るなど徹底抗戦の構え。猪股町長は「国が望むなら、国と町、それぞれが選定した専門家を交え意見交換してもいい。いかにここが不適地であるか証明する」と話した。




http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=543727&nwVt=npd