新型新幹線お披露目 JR東海、浜松工場を公開

JR東海は16日、同社浜松工場(浜松市中区)を一般開放する「新幹線なるほど発見デー」を開いた。2020年度から営業運転を計画する新幹線「N700S」の確認試験車を初めて公開した。 線路や架線を点検する特別車両「ドクターイエロー」の車内見学や車掌体験など多彩なイベントを企画した。JRによると、2日間の開催だった昨年を7千人ほど上回る約3万3千人が来場した。 N700Sは従来の車両より、…

続きを読む

モスバーガー、食中毒でさらに1店を営業停止処分 長野

諏訪保健所(長野県諏訪市)は16日、「モスバーガー茅野沖田店」(同県茅野市)が食中毒の原因施設だったとして、18日まで営業停止処分にしたと発表した。8月18日にこの店の商品を食べた20代の男女2人が下痢や腹痛などの症状を訴え、うち1人が入院。県環境保全研究所の検査で、2人の便から検出された腸管出血性大腸菌O(オー)121は同じ遺伝子型だった。 県内では、アリオ上田店(上田市)でも利用客3人…

続きを読む

<終末期医療>延命中止、意思確認に力点 自民、新法検討

自民党は、終末期医療のあり方を規定した新法作成の検討に入った。終末期医療を巡っては2012年に超党派の議員連盟が尊厳死法案をまとめているが、本人の意思に反して延命措置が中止されることへの懸念が根強い。同党は、法案を抜本的に見直し、継続的に本人の意思を確認するなど手続きに力点を置いた新たな法案への練り直しに着手。与野党各党の賛同も得て早ければ来年の通常国会への提出を目指す。 末期がんや老衰に…

続きを読む

米国で胃がんは“過去のがん”…日本では罹患数2位の理由

「過去のがん」といわれたら、どんながんをイメージされるでしょうか。米国なら、胃がんです。残念ながら日本は違い、死亡数3位、罹患数2位と多くの人を苦しめています。 「食道の下半分と胃は全部。脾臓も全部(切除した)」 先月30日に放送された民放番組で、壮絶な告白をされたのは、元チェッカーズのメンバー・高杢禎彦さん(56)です。40歳のときに胃がん宣告を受け、一時は自殺も考えたといいます。…

続きを読む

商業捕鯨再開案を否決=日本、IWC脱退示唆―欧米など反発強く

国際捕鯨委員会(IWC)は14日の総会最終日、商業捕鯨再開を目指した日本の提案を反対多数で否決した。 日本はクジラの生息数など科学的データを基に再開の正当性を主張したが、欧米など反捕鯨国の反発は収まらなかった。採決後、日本政府は「あらゆる選択肢を精査する」と表明、IWC脱退を示唆した。 日本の提案は棄権などを除き、反対41、賛成27で否決された。IWC加盟全89カ国のうち、日本の主張…

続きを読む