姉秀子さん、実現に期待 ローマ法王、袴田さんと面会調整

ローマ法王フランシスコが11月下旬の訪日時に、死刑が確定し第2次再審請求中の袴田巌さん(83)=浜松市中区=と面会する方向で調整が進んでいることについて、袴田さんの姉秀子さん(86)は14日、取材に「実現すればうれしい。何としてでも巌を連れて行こうと思っている」と期待感を示した。 関係者によると、弁護団や日弁連が昨年、面会を要請していた。 秀子さん自身も今年に入り<(袴田さんの)手を…

続きを読む

敬老の日企画「ありがとう風呂」 浜松・中区のスーパー銭湯

16日の敬老の日に合わせ、浜松市中区和合町のスーパー銭湯「和合の湯」は14日から、お年寄りへの感謝の言葉を書いた輪切りのヒノキ材を湯船に浮かべた「ありがとう風呂」を始めた。16日まで。 今年で6年目の恒例企画。 地元のサッカー少年団や児童クラブの小学生、オートレース選手らが事前にヒノキ材に「いつもありがとう」「長生きしてね」などと書き込んだ。 今年は男湯、女湯の露天風呂にそれぞ…

続きを読む

JR予讃線・松山―今治 行楽の秋、楽しんで サイクルトレイン運行開始

自転車をそのまま列車に持ち込める「サイクルトレインしまなみ号」の秋運行が14日、JR予讃線松山―今治間で始まり、サイクリストが愛車と共に松山駅(愛媛県松山市南江戸1丁目)を出発した。 安全で快適に自転車を楽しめる環境の充実や観光振興を図ろうと、県などで組織する「しまなみサイクルトレイン利用促進協議会」が、2009年5月から春と秋に実施。 専用車両1両を普通列車に連結して運行している。…

続きを読む

65歳以上、最高28・4% 高齢化進行、世界で突出

総務省が15日発表した人口推計によると、65歳以上の高齢者は同日時点で前年より32万人多い3588万人、総人口に占める割合は0・3ポイント増の28・4%と、いずれも過去最高を更新した。 16日の敬老の日を前に集計した。 2018年に仕事に就いていた65歳以上は最多の862万人。就業者全体の12・9%で、空前の人手不足を支える重要な戦力になっている。 世界的にみると、65歳以上の…

続きを読む

神戸大開発、微弱電波で 痛みや被ばくがない乳がん検査

従来のマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)のような痛みや被ばくのリスクがない乳がんの検査装置を開発したと、神戸大の木村建次郎教授(応用物理学)らが13日、発表した。 微弱な電波を患部に当てることで乳がんの立体構造をモニターに画像化する。 乳腺組織の密度が高い「高濃度乳房」での見落としも抑えられ、乳がん患者が増加傾向にある中、早期発見・治療につながる新たな技術として期待されそうだ。 …

続きを読む