合葬式市営墓地が完成 磐田、4月から使用申請受け付け

磐田市が同市駒場の駒場霊園内で2018年5月から整備を進めてきた同市初の合葬式市営墓地が完成し、同霊園の整備事業が全て終了した。4月からの使用申請受け付け開始に先立ち、24日、同霊園で完成式を行った。 渡部修市長や地元関係者ら約30人が参加した。渡部市長は「(終活の)選択肢が増えたと市民に喜んでもらえたら」とあいさつした。献花や内部見学も実施した。 合葬墓は表面に芝を植えた直径約12…

続きを読む

スシローと差「くら寿司」一人負けの理由

回転ずしチェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションの業績がさえない。既存店売上高は4カ月連続前年割れで、業界最大手「スシロー」の16カ月連続前年超えとは対照的だ。 店舗運営コンサルタントの佐藤昌司氏は「一人負けの原因は『バイトテロ』だけではない」と分析する――。 ■既存店売上高は大幅減収 回転ずしチェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションの業績がさえない…

続きを読む

「離脱」企業続出…Tポイントに何が起こったか

「ポイントカードはお持ちですか?」。 コンビニやスーパー、ドラッグストアなどのレジで必ずと言っていいほど耳にするこのセリフを世に広めたとされるのが、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(=CCC、本社・東京)運営の「T(ポイント)カード」だ。 いくつもの業種にまたがって共通のポイントを貯めたり利用したりできるのが特徴で、1社のみのポイントにはなかった利便性をアピールし、加盟企業数と利用…

続きを読む

なぜ日本最難関の東大医学部が、医師国家試験で合格率「55位」なのか

3月18日、第113回医師国家試験の合格発表がありました。 医学部は必修科目で1つでも単位を落とすと留年という、他学部出身者からは考えられない厳しさがあります。しかも国家試験の前には、医学部最後の関門となる卒業試験もありました。受験生は、試験が続く緊張の日々からようやく解放されたことでしょう。 栃木県の医大が7年連続トップに君臨 受験者10146人のうち合格者は9029人、合…

続きを読む

有力とされた「アルツハイマー病治療薬」の失敗 苦戦が続く認知症薬の開発、今後の見通しは

3月21日、大手製薬企業「バイオジェン」と「エーザイ」は、開発中のアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」の臨床試験を中止すると発表しました。 認知症の最大の原因となっているアルツハイマー病には、現在のところ、病気の進行そのものを抑える「根本治療薬」は開発されていません。 アデュカヌマブは「こんどこそ第1号になる」と世界中で注目されていたものでした。 というのも、世界で最も…

続きを読む